世 界 党



世界連邦を樹立するための国際政党

党首: 鈴木俊雄 世界党日本
副党首: Nashiru Abdulai 世界党ガーナ
本部: 〒270-0007 千葉県松戸市中金杉1-158

本ページ

 世界党は1998年2月に世界議会と世界連邦を樹立するために設立されました。世界連邦は独立国から成る連邦です。世界党は、世界各地の支部からなります。世界党規約および世界党宣言は世界党大会で採択されました。支部は世界党支部リストに掲載されています。本サイトは、世界党日本により管理されています。世界党の主要な政策は以下の通りです。

国連の尊重

 2001年9月のアメリカでのテロリスト攻撃の後のアメリカによるアフガニスタンの爆撃と2003年のイラク侵略からわかるように、世界最強の国アメリカは国連を尊重していません。国連の尊重こそ、世界民主主義への第一歩だと言えます。

マハトマ・ガンジー・イニシャチブ

 マハトマ・ガンジーは非暴力・不服従の政策でインドを独立に導きました。この政策は、現代の世界情勢に適用できます。核保有国は、その軍事力の故に支配的です。しかし、非核保有国は、軍事力にたよる必要はありません。非核保有国は、連合して核保有国に対して制裁を加えられます。例えば、非核保有国は核保有国に対して高率の関税をかけられます。あるいは、非核保有国は核保有国からの製品をボイコットできます。このようにして、非核保有国は連合することでその意見を主張できます。それ故、この政策は、マハトマ・ガンジーへの尊敬の念をこめて「マハトマ・ガンジー・イニシャチブ」と名付けられました。もちろん、マハトマ・ガンジー・イニシャチブは、核保有国にだけでなく、他の軍事的あるいは経済的に強力な国に対しても適用できます。例えば、国連の議決なしにある国が他の国を攻撃したら、マハトマ・ガンジー・イニシャチブによりそれらの国の製品をボイコットしたり関税障壁により貿易を制限すべきです。

世界連邦の樹立

 世界連邦を樹立することの基本的な利益としては次のことがあげられます。

世 界 連 邦 の 基 本 的 な 利 益

 1. 世界連邦は、戦争を減らすか防ぐことができる。これは、戦争による人々の死亡および負傷の減少、戦争による破壊の減少、そして軍事費の削減を可能にする。

 2. 世界連邦は、国際共通通貨を発行できる。これは、為替レートの変動をなくすことを可能にする。

 3. 世界連邦は、すべての人々に雇用を提供できる。これは、貧困の撲滅を可能にする。

 これらの利益についてのより詳しい説明は、世界党宣言をご覧ください。従って、世界連邦を樹立することは政治政策ですが、同時に最も効果的な経済政策であるとも言えます。特に、これらの利益は発展途上国にとって重要です。
 世界党の政策は、「世界政府のための国際政党」にもとづいていますが、この思想は、「世界議会規約」と「世界連邦憲法」においては、修正されています。「世界政府のための国際政党」においては、二院制ですが、「世界議会規約」と「世界連邦憲法」においては、一院制です。詳しくは、各文書をご覧ください。以下に示される政策は、「世界政府のための国際政党」を修正したものです。基本的な政策は、各国の代表を人口に比例して選挙で直接選び、世界議会に送ることです。世界議会は一院制で、議員は基本的には1,000名です。
 議員の配分の数値例は次のとおりです。

 

人口

千人

議決権

調整済み

議決権

代表

登録議員

世界人口

6,829,297.0

1,000.000

 

 

 

中国

1,345,751.0

197.0556

197.000

197

591

インド

1,198,003.3

175.4212

176.000

176

528

アメリカ合衆国

314,658.8

46.0748

46.000

46

138

日本

127,156.2

18.6192

19.000

19

57

仮想国

1.0

0.0001

0.001

1

3


世界の人口は68億2,929万7,000人で、そのうち中国は13億4,575万1,000人、インドは11億9,800万3,300人、アメリカは3億1,465万8,800人、日本は1億2,715万6,200人、仮想国は1,000人と仮定されます。代表の総数は基本的には1,000人で、議席は人口に応じて配分されます。したがって、中国の場合、議決権は197.0556です。この場合、少数第一位はゼロなので切り捨てられ、調整された議決権は197.000になり、公式の代表は197人です。インドの場合は、少数第一位はゼロではないので切り上げられ、調整された議決権は176.000になり、公式の代表は176人になります。アメリカと日本の場合は、調整された議決権は同様に計算されます。仮想国の場合は、人口は1,000人なので、議決権は0.0001で、これは0.001に切り上げられます。したがって、この国は0.001議決権を持った代表を1人送ることができます。この措置により、すべての議決権は1、0.1、0.01、0.001に分類できます。。従って、議決権の総数は基本的には1,000ですが、実際の代表と議決権の総数は、それぞれ1,000を若干上回ります。このように、各国から人口に応じて代表を選び、世界議会に送ることによって人々の支持を得ようと言うものです。これは、人々の支持のみが世界政府を樹立し、維持できると言う考えにもとづいた政策です。
 各支部の代表の選挙は公正に公開で行われなければなりません。新しい議員は、初めて世界議会に出席する少なくとも1年前に、世界議会に登録されていなければなりません。登録される各支部からの代表の数は公式の代表の数の3倍まで可能です。たとえば、もしある支部の公式の代表の数が10なら、その支部は30人の代表を世界党に登録することができます。その支部は、その30人の代表の中から10人を公式の代表として送ることができます。上の表の場合、それぞれ中国の登録代表数は591で、インド528、アメリカ138、日本57、仮想国3です。

世界議会と世界連邦を樹立するプロセスは、

以下の図に示されています。

 各国の世界党は、主要な政策を強調して選挙を戦い、政権をとったらそのための法律を制定して選挙を行います。例えば、日本で世界党が政権をとれば、法律を制定し、選挙を行い世界議会への57人の議員を選び世界議会に登録します。他方、もしアメリカで世界党が政権をとれば138人の議員を選び登録します。たとえ、たった2カ国で選挙が行われたとしても、それは世界議会の一部を構成します。他の国は後から加入できます。このようにして、世界議会の一部は世界議会全体に発展できます。
 初期の段階での世界議会は、立法権のない諮問会議です。これは、欧州議会に似ています。それ故、各国および地域は独立したままで、世界議会の決定に従う義務はありません。それ故、中国とインドが協力しても世界を支配することはできません。この世界議会がうまく機能すれば、立法権を与えられ、世界憲法を制定します。このようにして、世界議会の一部から真の世界議会になります。各国または地域から送られてくる議員は人々に直接選ばれた人達でなければなりません。従って、独裁制の国が選挙をせずに議員を送って来ても、彼らは公式の議員として扱われません。この場合、彼らはオブザーバーとして扱われることはできます。今日、世界のほとんどの国と地域がオリンピックに代表を送っています。ですから、世界議会に代表を送ることは不可能ではないと考えられます。
 世界党の政策を支持する人は、どなたでも加入でき、世界党の支部を開設できます。世界党は、下の二つの団体と協力しています。

世 界 政 府 研 究 所

世 界 市 民 ネ ッ ト ワ ー ク

 世界政府研究所は世界政府を樹立するための研究所です。世界党はいわば、世界連邦運動の行動部門であり、世界政府研究所は議論および理論部門です。世界市民ネットワークは、世界議会と世界連邦の樹立を支持する個人と団体のネットワークです。
 世界政府研究所は、機関誌『世界政府への声』を発行しています。世界の世界政府運動の様子が紹介されています。本誌は、意見と記事を募集しています。それらは、本誌で発表されます。本誌は時々改訂され、世界の世界連邦関連団体に送られます。新着情報、活動の予定等の情報は世界党フォーラムをごらん下さい。

世 界 党 の 現 在 の 活 動

 将来の展望

 私たちの基本的な運動は、

1. 私たちの党員が、それぞれの国の国会議員の選挙に立候補する。

2. 世界党大会あるいは委員会を開くことで、世界連邦の樹立を運動を促進する。

事です。

 新しい支部の設立

 規約を持ち、支部長がいる支部を設立するための基本的な手続きは、以下の通りです。
 まず第一に、支部の規約を制定する必要があります。これは、規約の草案を書き、すべての支部員に連絡した後、支部大会を開催することによって成立します。草案は、支部大会で採択されなければなりません。
 世界党日本規約は、支部の規約の一例です。支部の規約は、言うまでもなく、世界党規約と矛盾してはなりません。支部の規約が採択した場合、以下の事柄が可能です。

1. 支部長の選出
2. 党員費の徴収
3. 世界党大会において、世界党の党首の選挙への支部員の立候補

言うまでもなく、各支部の基本政策は、世界党のそれと矛盾してはなりません。換言すると、各支部の基本政策は、世界党大会で採択された世界党宣言と矛盾してはなりません。

 支部の議決権

 重要な点は、大会への代表は少なくとも1年前に世界党に登録されなければならないと言うことです。世界党の支部リストに載っているメンバーは、すでに登録されているので、登録する必要はありません。規約に書かれているように、代表の数も重要です。代表の総数は、基本的に1,000人で、各支部からの代表数は、人口に比例します。この計算は、世界党支部リストの英語版Branch List of World Partyに示されています。たとえば、2011年の世界人口は、69億5073万7800人でした。一方、バングラデシュの人口は1億5049万4000人でした。それ故、世界党バングラデシュに割り当てられる議席は、21.65です。少数第一位がゼロでないので、22.00に切り上げられ、議席は22です。22 議席 x 3 は 66 なので、66党員が登録できます。この66人の登録済み党員から、22党員が代表として大会に出席できます。
 各支部議決権数について詳しくは、世界党規約の世界党規約草案の第十四条 各国の議決権をご覧ください。
 さらに、重要な条件があります。もし登録党員に問題があれば、ほかの登録党員は、その登録党員に対して異議申し立てをすることができます。登録党員が他の登録党員に対して異議申し立てをするときは、異議申し立てをする登録党員は自己の名前と明確に示された理由を記した文書を世界党の党首に送ります。もし、異議申し立てが登録党員の総議決権数の5%に達したら、議長はその文書を各登録党員に送り、大会では、異議申し立てをされた登録党員を除名する動議が提出されます。大会で、出席代表の総議決権数の過半数の議決権を持つ出席代表が除名に反対すれば、その異議申し立てをされた登録党員は除名されません。それ以外の場合は、たとえ文書による異議申し立てが登録党員の総議決権数の5%でも、その異議申し立てをされた登録党員は除名されます。

 メンバーの分類

 英語版の世界党支部リストには、メンバー総数や各支部の議決権数などがのっておりますが、メンバーの分類もされています。メンバーは、以下の4種類に分類されます。

A. 次回の世界党大会に登録済みで、世界党の各支部のメンバーとして党費を払込み済み。

B. 次回の世界党大会に登録済みで、世界党の各支部のメンバーとして党費を払込んでいない。

C. 次回の世界党大会に登録されておらず、世界党の各支部のメンバーとして党費を払込み済み。

D. 次回の世界党大会に登録されておらず、世界党の各支部のメンバーとして党費を払い込んでいない。あるいは、氏名が公表されていない。ただし、住所は、公開する必要はない


 第三回世界党大会

 世界党大会は、4年に一度開催されます。第一回世界党大会はアフリカのガーナで2011年8月、第二回世界党大会はバングラデシュで2015年10月に開催され、第三回世界党大会は2019年、第四回世界党大会は2023年に開催される予定です。第三回大会では、世界党ガーナと世界党バングラデシュから党員を招待します。世界党の党員の誰でも大会を組織したければ、本部に連絡してください。世界党規約にあるように、大会は、少なくとも1年以上前に告知されていて他の会場に比べて近づくことが困難でない限り、参加者の人数にかかわらず承認されます。第三回世界党大会の会場は、2017年の末までに決定されなければなりません。
 世界党大会のもっとも重要な目的は、世界党宣言を採択することです。
 編者(世界党党首、鈴木俊雄)は、若い指導者を育てたいと思っています。若い指導者が育てば、世界党はさらに発展するでしょう。編者は、世界党は千年後にも存在していると言うビジョンを持っています。もし世界党が千年後も存在していれば、世界の常識になっているでしょう。編者は、第三回世界党大会でほかの党員が党首の選挙に立候補すれば、選挙に立候補しないと宣言しました。党員が党首に立候補する場合、その党員の支部は支部の規約を持っていなければならず、その規約に従って選ばれた党首がいなければなりません。例えば、世界党アメリカの党員が世界党の党首に立候補するときは、世界党アメリカは規約を持っていて、その規約に従って選ばれた党首がいなければなりません。支部規約の一例として、世界党日本規約があります。
 さらに、委員会はいつでも開催できます。世界党党首は、委員会の開かれる国へ行きその国の人々と議論します。

本、雑誌、規約と憲法の草案等

   運動の本は、Soul Federation です。ぜひ、ご一読ください。無料のe-Bookも同ページからダウンロードできます。「世界議会規約」「世界連邦憲法」の草案ができました。まだ誤字脱字がありますが、基本的な考えは書かれています。憲法は、立法、行政、司法の三権分立ではなく、世界議会が世界連邦の最高権威です。世界議会は、世界政府の大統領と世界法廷の裁判官を任免します。詳しくは、ウエブページご覧ください。メンバーは、我々の機関誌『世 界 政 府 へ の 声』に投稿できます。

ディスカッショングループのE-メールアドレス

 E-メールアドレスの http://www.w-g.jp/e-mail.htm は、世界党専用です。このアドレスは、ディスカッショングループには使わないでください。a!t-u.jp をディスカッショングループに使ってください。

は、世界党のロゴで、特許庁に登録されています。背景の濃紺は宇宙を、青い円は地球を、緑の円は地球上の生命を意味します。

申 請

世 界 党 年 報

世界党月報
世界党ニュース

世 界 党 大 会

世 界 党 の 歴 史

(C) Copyright, Word Party, 1998
All rights are reserved


本ページ