世界政府研究所フォーラム

    世界党フォーラム

投稿するときは、  投稿者: guest  パスワード: forum  を入力してください

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ ホーム  
40 / 42 tree ←次へ | 前へ→

▼  【3】 2002年の活動のレポート 鈴木 03/1/11(土) 11:45

【3】 2002年の活動のレポート
 鈴木 WEB  - 03/1/11(土) 11:45 -

引用なし
パスワード
   日本語のレポートは、後半にあります。

********************************************

Report on the Movement of World Government Institute, World Party, and World Citizen Network in 2002

Dear Friends,

Here, I report our movement in 2002.  First of all, brief history of World Government Institute, World Party, and World Citizen Network is as follows.

World Government Institute

2002

5 February: World Government Institute Canada was founded.
4 May: World Government Institute China was founded.
17 May: World Government Institute Turkey was founded.
18 June: World Government Institute Hungary was founded.
4 September: World Government Institute Egypt was founded.
10 October: World Government Institute Australia was founded.
18 October: World Government Institute Bangladesh was founded.
15 November: World Government Institute Ireland was founded.
5 December: World Government Institute Uganda was closed.
11 December: World Government Institute Ecuador was founded.
18 December: World Government Institute Cameroon was founded.
23 December: World Government Institute Philippines was founded.

World Party

2002

5 February: World Party Canada was founded.
4 May: World Party China was founded.
17 May: World Party Turkey was founded.
18 June: World Party Hungary was founded.
2 September: World Party China was closed.
4 September: World Party Egypt was founded.
10 October: World Party Australia was founded.
18 October: World Party Bangladesh was founded.
15 November: World Party Ireland was founded.
5 December: World Party Uganda was closed.
11 December: World Party Ecuador was founded.
18 December: World Party Cameroon was founded.
23 December: World Party Philippines was founded.

World Citizen Network

2002

5 February: World Party Canada joined.
24 April: World Asian Workers Organization (Pakistan) joined.
4 May: World Party China joined.
17 May: World Party Turkey joined.
18 May: Starlife Global & Cosmic Services (Sweden) withdrew the World Citizen Party Network and the World Citizen Party Network was renamed as World Citizen Network.
14 June: World Party India joined. World Party Russia joined.
18 June: World Party Hungary joined.
21 June: World Party Tanzania joined.
2 September: World Party China withdrew.
2 September: World Government Institute China joined.
4 September: World Party Egypt joined.
10 October: World Party Australia joined.
18 October: World Party Bangladesh joined.
15 November: World Party Ireland joined.
5 December: World Party Uganda withdrew.
8 December: World Party Lithuania joined.
11 December: World Party Ecuador joined.
23 December: World Party Philippines joined.

These histories are written in the following pages.

http://www.w-g.jp/wgi/wgi-member.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-member.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-member.htm
http://www.w-g.jp/wgi/wgi-history.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-history.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-history.htm

At the point of 31 December 2002, branches of World Government Institute were 28, World Party 27, and members of World Citizen Network were 35 organizations and 1 individual.  Branches and members are increasing gradually.  Needless to say, some people had joined existing branches.  But still they are too less to expect donation from people.  When new member joined us, it is informed by a mail.  The mail of introduction is copied here.  Readers will know our present situation from the mail

############## The following is a copy of mail of introduction.

New member has joined us.  His name is Mr. ******, ****  . His application is as follows.

********************************* The below is application.

Name                                          = ******
Sex                                            =
Age                                            =
Address                                        =
E-Mail                                        =
Occupation                                    =
Join the World Government Institute          =
Join the World Party                          =
Your organization joins the Network          =
Comment                                      =

********************************* The above is application.

Welcome to our group.  Following pages have been revised.

http://www.w-g.jp/wgi/wgi-member.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-member.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-member.htm
http://www.w-g.jp/wgi/wgi-history.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-history.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-history.htm

If there is misunderstanding between us, please do not hesitate to object.  If applicant wants, address is not published.  But when new branch is founded, the address must be published.

Now we are a private group.  In the legally registered political party, we need the party statute.  There is a page for party statute.
World Party Statute  http://www.w-g.jp/wp/statute.htm
Every member can propose idea.  It will be published on the site.  From ideas of members, a provisional statute is made and it will be published.  It will be reviewed and revised by members and approach the official statute.  The official party statute is recognized and the president is elected at the World Party Convention.

Present strategy is to unite and get the confidence of people.  If people trust us, some people may donate fund for election.  Another strategy is to write books that verify the benefits of World Government.

At present, our web site [ http://www.w-g.jp/ ] is administered by me because I am paying the necessary cost.  But in the future, if our party becomes a formal party and we get enough funds to maintain the web site and necessary activity, I donate the ownership of web site.  The owner can be a legal person but the owner must reside in Japan.

Like this our group will grow and finally become a formal party.  This is my present view.  In the history of world, the League of Nations started with about 40 countries, United Nations started about 50 countries, and ICC (International Criminal Court) needed 60 countries at the minimum to start.  So if our branches reach 50 or 60 countries, something may change.  Now our branches are too few.  After our branches reached 60, we should take new actions.  For example, we can send mail for fundraising to many organizations and people.  Anyway, first of all, we must get the confidence of people strong enough to win at election.

For more detail of ICC, please see
Coalition for the International Criminal Court  http://www.igc.org/icc/

Mr. Yoshiyuki Shiratsuchi, Japan has a web site collecting signature for world peace.
Peace Sign Net  http://plaza5.mbn.or.jp/~peacesc/
Please visit and give signature.

############## The above is a copy of mail of introduction.

We can know our situation from the above.  Our idea is not the only idea possible.  We should understand other ideas also, and if we find a better idea, we should join them.

Now, our journal Voice for World Government - 2003 is being prepared.  Member can contribute article or write one chapter of journal.  The contribution will be published in the new edition or in the later edition.  At present, article of Mr. Nigel Harris (United Kingdom, proposal for World Parliament), Mr. Shiratsuchi Yoshiyuki (Japan, Peace Sign), Dr. Mohammad Amin (Pakistan, A draft of the World Party Statute), Mr. Zeng Zuqing (China, A Draft of the World Party Statute), and author (Japan, A draft of the World Party Statute) are to be published.

Author wrote a forecast for 2020.  It is published in

World Party Forum  http://www.w-g.jp/bbs/c-board.cgi?cmd=one;no=5;id=wp

                                                  Yours sincerely
                                                  Toshio Suzuki

World Government Institute, World Party, & World Citizen Network
Institute, Party, and Network to establish the World Government
http://www.w-g.jp/
mailto:wg@w-g.jp


The below is the information in Japanese. (以下は、日本語のお知らせです。)

2002年における世界政府研究所、世界党、そして世界市民ネットワークの動向のレポート

  前略

  ここに、2002年の私たちの動向を報告します。まず、世界政府研究所、世界党、そして世界市民ネットワークの簡単な歴史は以下のとおりです。

  世界政府研究所

2002

2月5日: 世界政府研究所カナダ(World Government Institute Canada)設立。
5月4日: 世界政府研究所中国(World Government Institute China)設立。
5月17日: 世界政府研究所トルコ(World Government Institute Turkey)設立。
6月18日: 世界政府研究所ハンガリー(World Government Institute Hungary)設立。
9月4日: 世界政府研究所エジプト(World Government Institute Egypt)設立。
10月10日: 世界政府研究所オーストラリア(World Government Institute Australia)設立。
10月18日: 世界政府研究所バングラデシュ(World Government Institute Bangladesh)設立。
11月15日: 世界政府研究所アイルランド(World Government Institute Ireland)設立。
12月5日: 世界政府研究所ウガンダ(World Party Uganda)閉鎖。
12月11日:世界政府研究所エクアドル(World Government Institute Ecuador)設立。
12月18日:世界政府研究所カメルーン(World Government Institute Cameroon )設立。
12月23日:世界政府研究所フィリピン(World Government Institute Philippines)設立。

世界党

2002

2月5日: 世界党カナダ(World Party Canada)設立。
5月4日: 世界党中国(World Party China)設立。
5月17日: 世界党トルコ(World Party Turkey)設立。
6月18日: 世界党ハンガリー(World Party Hungary)設立。
9月2日: 世界党中国(World Party China)閉鎖。
9月4日: 世界党エジプト(World Party Egypt)設立。
10月10日: 世界党オーストラリア(World Party Australia)設立。
10月18日: 世界党バングラデシュ(World Party Bangladesh)設立。
11月15日: 世界党アイルランド(World Party Ireland)設立。
12月5日: 世界党ウガンダ(World Party Uganda)閉鎖。
12月11日:世界党エクアドル(World Party Ecuador)設立。
12月18日:世界党カメルーン(World Party Cameroon)設立。
12月23日:世界党フィリピン(World Party Philippines)設立。

世界市民ネットワーク

2002

2月5日: 世界党カナダ(World Party Canada)加入。
4月24日: 世界アジア労働者団体(World Asian Workers Organization)加入。
5月4日: 世界党中国(World Party China)加入。
5月17日: 世界党トルコ(World Party Turkey)加入。
5月18日: スターライフ・グローバル・コスミック・サービス(Starlife Global & Cosmic Services)(スエーデン)、世界市民党ネットワークを脱退。世界市民党ネットワーク、世界市民ネットワークと改名。
6月14日: 世界党インド加入(World Party India)。世界党ロシア加入(World Party Russia)。
6月18日: 世界党ハンガリー(World Party Hungary)加入。
6月21日: 世界党タンザニア(World Party Tanzania)加入。
9月2日: 世界党中国(World Party China)脱退。
9月2日: 世界政府研究所中国(World Government Institute China )加入。
9月4日: 世界党エジプト(World Party Egypt)加入。
10月10日: 世界党オーストラリア(World Party Australia)加入。
10月18日: 世界党バングラデシュ(World Party Bangladesh)加入。
11月15日: 世界党アイルランド(World Party Ireland)加入。
12月5日: 世界党ウガンダ(World Party Uganda)脱退。
12月8日: 世界党リトアニア(World Party Lithuania)加入。
12月11日:世界党エクアドル(World Party Ecuador)加入。
12月18日:世界党カメルーン(World Party Cameroon)加入。
12月23日:世界党フィリピン(World Party Philippines)加入。

これらの歴史は、以下のページに書かれています。

http://www.w-g.jp/wgi/wgi-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wgi/wgi-history-j.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-history-j.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-history-j.htm

  2002年12月31日の時点で、世界政府研究所の支部は28、世界党は27、そして世界市民ネットワークのメンバーは団体 35 と個人 1 人です。支部とメンバーは徐々に増加しています。言うまでもなく、既存の支部にも何人かの人が加わりました。しかし、依然として人々から寄付を期待するには少なすぎます。新しいメンバーが加入した時は、メールでお知らせします。そのメールをここにコピーします。メールから私たちの状況を知ることができます。

############## 以下は、紹介のメールです。

  新しいメンバーが加わりました。以下のページを更新しました。

http://www.w-g.jp/wgi/wgi-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wgi/wgi-history-j.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-history-j.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-history-j.htm

  誤解がありましたら、遠慮なく申し出てください。住所は、申請者が希望すれば公表されません。ただし、新しい支部を設立する時は公表されなければなりません。
現在、私たちは個人的なグループです。法的に登録された政党では、党規約が必要です。党規約のページがあります。
「世界党規約」 http://www.w-g.jp/wp/statute-j.htm
すべての会員がアイディアを提案でき、アイディアは発表されます。会員のアイディアから暫定規約が作成され発表されます。それは、会員に批評され改定され公式の規約に近づきます。世界党大会で、党規約は認定され、党首が選任されます。
  現在の戦略は二つあり、一つは団結して人々の信頼を得ることです。信頼されれば選挙の費用を寄付してくれる人もいるかも知れません。もう一つは、世界政府の利益を証明した本を書くことです。
  現在、私たちのサイトは、「 http://www.w-g.jp/ 」ですが、私が必要な費用を払っているので、私が管理しています。しかし将来は、党が公式の政党になりサイトと必要な活動を維持できる資金を得れば、サイトの所有権を寄付します。所有者は法人でもかまいませんが、日本に在住していなければなりません。
このように、私たちの組織は成長し正式な党になるでしょう。これが、現在の私の展望です。世界の歴史では、国際連盟は約40カ国でスタートし、国際連合は約50カ国でスタートし、ICC(国際刑事裁判所)はスタートするのに最低60カ国が必要でした。私たちの支部が50か60カ国になれば、状況が変わるかもしれません。現在の支部数は少なすぎます。支部が60に達したら、新しい行動が必要です。例えば、資金調達のための手紙をいろいろな団体や人々に送れます。いずれにしても、選挙で勝てるだけの信頼を得なければなりません。
ICCについては、
「世界連邦運動協会」 http://member.nifty.ne.jp/uwfj/

"Coalition for the International Criminal Court"  http://www.igc.org/icc/
をご覧ください。
  メンバーの白土氏がホームページで世界平和のための署名運動をしています。
「ピースサインネット」  http://plaza5.mbn.or.jp/~peacesc/japanese/main_j.html
訪問して、署名をお願いします。
  詳しくは、英語のお知らせをご覧ください。

############## 以上は、紹介のメールです。

  以上から、私たちの状況がわかります。私たちのアイディアは唯一可能なアイディアではありません。ほかのアイディアも理解しなければなりませんし、よりよいアイディアを見つけたらそれに加わるべきです。
  現在、私たちの雑誌『世界政府への声−2003』を準備中です。メンバーは、記事の投稿あるいは雑誌の1章を書くことができます。投稿は、新版かその次の版で発表されます。現在、Nigel Harris氏(イギリス、世界議会の提案)、白土允之氏(日本、平和署名)、 Mohammad Amin 博士(パキスタン、世界党規約草案)、Zeng Zuqing氏(中国、世界党規約草案)、および筆者(日本、世界党規約草案)が発表される予定です。

  筆者は、2020年の予測を書きました。それは、

世界党フォーラム  http://www.w-g.jp/bbs-j/c-board.cgi?cmd=one;no=5;id=wpj

に発表されています。

                                                          早々
                                                        鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ ホーム  
40 / 42 tree ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
7409
(SS)C-BOARD v3.3.10 is Free.
旧 BBS: フォーラム
旧 BBS: 世界政府研究所フォーラム
旧 BBS: 世界政府研究所フォーラム (2)