世界政府研究所フォーラム

    世界党フォーラム

投稿するときは、  投稿者: guest  パスワード: forum  を入力してください

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ ホーム  
1 / 1 page

【47】 「マハトマ・ガンジー・イニシャチブ」
 guest  - 2016/2/1(月) 21:22 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民  様

「マハトマ・ガンジー・イニシャチブ」
http://www.w-g.jp/wcn/mgi-j.htm

が発表されました。サイトをご覧ください。これは、国連の承認なしに他国を攻撃することに反対するサイトへのリンクを集める運動です。サイトを紹介してください。

                                                          草々
                                                        鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
ウエブサイト: http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-メール: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
Facebook: https://www.facebook.com/toshio.suzuki.73744
・ツリー全体表示

【46】 謹 賀 新 年
 guest  - 2016/1/1(金) 9:30 -

引用なし
パスワード
     謹 賀 新 年

        新年明けましておめでとうございます。

http://www.t-u.jp/general/greeting-j.htm

をご覧ください。今年も、よりいっそうのご活躍を期待しております。

                                                          鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
Facebook: https://www.facebook.com/toshio.suzuki.73744
・ツリー全体表示

【45】 世界連邦憲法
 guest  - 2015/12/19(土) 13:51 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民  様

  世界連邦憲法の草案は、これまで英語版だけでしたが、日本語版

「世界連邦憲法」
http://www.w-g.jp/wgi/constitution-j.htm

ができました。まだ、誤字脱字がありますが、基本的な内容は示されています。

                                敬具

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
ウエブサイト: http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-メール: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【44】 第二回世界党大会
 guest  - 2015/11/1(日) 13:19 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民  様

  2015年10月、バングラデシュのダッカで、第二回世界党大会、第二回世界市民ネットワーク大会、バングラデシュ人民民主党(Bangladesh People's Democratic Party(BPDP))と世界党の合同会議を開催しました。

「世界党ニュース」
http://www.w-g.jp/wp/news-j.htm

をご覧ください。

                                敬具

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
ウエブサイト: http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-メール: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【43】 世界連邦の樹立
 guest  - 2015/9/9(水) 8:51 -

引用なし
パスワード
     拝啓  世界市民  様

  雨の日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。私たちは、世界連邦の樹立を目指している団体ですが、この度、第二回世界党大会、第二回世界市民ネットワーク大会およびバングラデシュ人民民主党(Bangladesh People's Democratic Party (BPDP))と世界党の合同会議をバングラデシュのダッカで開催します。つきましては、

「世界党からのお知らせ」
http://www.w-g.jp/wp/announce-wp-j.htm

をご覧ください。

敬具

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
ウエブサイト: http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-メール: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【42】 Time at the Light Speed
 guest  - 2015/2/18(水) 13:30 -

引用なし
パスワード
           Dear Friends,

        Recently, I have written a paper.

"Time at the Light Speed"
http://www.w-g.jp/member/suzuki/time-at-light-speed.htm

In Einstein's theory of relativity, when an object moves at the light speed, time stops and the object becomes a line.  My paper shows a new explanation for these phenomena.
        New thoughts are often eccentric.  My paper is also eccentric.  But if you understand the contents, they very interesting and important.  Please have a look.

                                Yours Sincerely
                                Toshio Suzuki

World Government Institute, World Party, & World Citizen Network
Institute, Party, and Network to establish the World Government
Web Site: http://www.w-g.jp/
E-mail: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【41】 謹 賀 新 年
 guest  - 2015/1/1(木) 16:29 -

引用なし
パスワード
     謹 賀 新 年

        新年明けましておめでとうございます。

http://www.t-u.jp/general/greeting-j.htm

をご覧ください。今年も、よりいっそうのご活躍を期待しております。

                                                          鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
・ツリー全体表示

【40】 世界政府への声−2012
 guest  - 2012/10/31(水) 9:16 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民   様

  世界政府研究所の機関誌

『世界政府への声』
http://www.w-g.jp/wgi/library/voice-for-world-government/voice-j.htm

が6年ぶりに、世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワークのメンバーで、先日国連大学を卒業した備  大始郎  氏の編集で発行されました。本号は、2012年号です。
  ぜひ、ご一読ください。

                                                  草々
                                                鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-Mail: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【39】 United Nations Youth School
 guest  - 2012/10/18(木) 23:30 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民   様

  備  大始郎氏は、世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワークのメンバーであり、国連大学の学生ですが、最近、

United Nations Youth School (UNYS) for revival of Japan.

という英文の論文を書きました。リンクは、

「記 事 ・ メ ール」
http://www.w-g.jp/wgi/library/articles-&-mails/articles-&-mails.htm

にあります。論文中で、United Nations Youth School (UNYS)という学校を提唱しており、これは、日本に設立され、国連で働きたいという、18歳までの人たちの学校です。
  ぜひ、ご覧下さい。

                                                  草々
                                                鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-Mail: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【38】 世界連邦憲法
 guest  - 2012/7/31(火) 23:05 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民   様

  「世界連邦憲法」
http://www.w-g.jp/wgi/constitution-j.htm

ができました。まだ、英語版だけで、完成していませんが、基本的な思想は示されています。

                                                  草々
                                                鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-Mail: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【37】 世界議会規約
 guest  - 2012/7/10(火) 13:06 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民  様

  「世界議会規約」の草案が発表されました。

「世界議会規約」
http://www.w-g.jp/wgi/statute-j.htm

をご覧ください。世界連邦憲法も準備中です。

                                                草々
                                                鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-Mail: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【36】 日本国憲法
 guest  - 2011/11/12(土) 23:21 -

引用なし
パスワード
     前略   世界市民  様

  新しい日本国憲法の草案を書きました。まだ誤字脱字がありますが、基本的な考えは書かれています。

「新 日 本 国 憲 法」
http://www.w-g.jp/wgi/japan/constitution-wgij-j.htm

をご覧ください。

                                                  草々
                                                鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-Mail: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【35】 新刊 "Soul Federation"
 guest  - 2011/1/18(火) 11:58 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民  様

"Soul Federation"
http://www.w-g.jp/member/suzuki/synopsis.htm

という本を書きました。世界連邦と世界政府の樹立、およびどうしたら幸福になれるかという哲学に関する英文の本です。入手先は

"Xlibris Online Bookstore"
http://www2.xlibris.com/bookstore/bookdisplay.aspx?bookid=72096

"アマゾン"
http://www.amazon.co.jp/Soul-Federation-Toshio-Suzuki/dp/1450026648/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1295190048&sr=8-1-spell

"Barnes & Noble"
http://search.barnesandnoble.com/Soul-Federation/Toshio-Suzuki/e/9781450026666/?itm=1&USRI=soul+federation

および一般の書店などです。ぜひ、ご一読ください。

                                                            草々
                                                        鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-メール: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【34】 アフリカ・ガーナで世界市民ネットワーク大...
 guest  - 2010/10/21(木) 23:02 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民  様

  世界市民ネットワーク大会が2011年8月に開かれます。大会の新しいページが作られました。

「世界市民ネットワーク大会」
http://www.w-g.jp/wcn/conv-wcn/conv-wcn-j.htm

「世界市民ネットワーク宣言」
http://www.w-g.jp/wcn/conv-wcn/dec-wcn-j.htm

をご覧ください。

                                                          草々
                                                        鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-Mail: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【33】 新 日 本 国 憲 法
 guest  - 2010/9/19(日) 11:54 -

引用なし
パスワード
     前略  世界市民  様

  新しい日本国憲法の草案を準備中です。まだ完成にはほど遠い状態ですが、すでに基本的な思想は書かれています。

「新 日 本 国 憲 法」
http://www.w-g.jp/wgi/japan/constitution-wgij-j.htm

をご覧ください。

                                                          草々
                                                        鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
E-Mail: http://www.w-g.jp/e-mail.htm
・ツリー全体表示

【32】 小さな政府の提案
 guest  - 2009/4/4(土) 10:16 -

引用なし
パスワード
     前略

  匿名の活動家が運動の提案を書いてくれたので、世界政府研究所の図書館の

「記事・メール」
http://www.w-g.jp/wgi/library/articles-&-mails/articles-&-mails.htm

ページで公開します。HTMLファイルとPDFファイルとZIPファイル化されたPPTXファイル(パワーポイントのファイル)で見られます。
  基本的に、小さな政府を提案しています。

                                                            草々
                                                          鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
メール: wg!w-g.jp

注意: スパムメールを防ぐために、メールアドレスの「 @ 」の変わりに「 ! 」を入れてあります。たとえば、 abc!w-g.jp の正しいアドレスは、 abc@w-g.jp です。
・ツリー全体表示

【31】 『世界政府へ声−2006』 発行
 guest  - 2009/3/25(水) 1:00 -

引用なし
パスワード
     前略

  世界党の機関誌『世界政府へ声』の2006年版の日本語版ができました。
『世界政府へ声−2006』
http://www.w-g.jp/wgi/library/voice-for-world-government/voice-j.htm
をご覧ください。
  これまで、本を書いていて遅れました。本は、世界党の土台となるもので、英語で書かれており、現在ニューヨークの出版社のエージェントと交渉中です。

                                                            草々
                                                          鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
メール: wg!w-g.jp

注意: スパムメールを防ぐために、メールアドレスの「 @ 」の変わりに「 ! 」を入れてあります。たとえば、 abc!w-g.jp の正しいアドレスは、 abc@w-g.jp です。

メールのタイトルに「World Party Information」をキーワードとして使いましょう。検索機能で、メンバーのメールが簡単に見つけられます。
・ツリー全体表示

【29】 年報−2009
 guest  - 2009/1/18(日) 13:06 -

引用なし
パスワード
                     世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
                                      年報
                                      2009

  前略

  年報が発行されました。

「年報−2009」
http://www.w-g.jp/general/annual-report-2009-j.htm

をご覧ください。


                                                        草々
                                                      鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
メール: wg!w-g.jp

注意: スパムメールを防ぐために、メールアドレスの「 @ 」の変わりに「 ! 」を入れてあります。たとえば、 abc!w-g.jp の正しいアドレスは、 abc@w-g.jp です。

メールを検索機能で見つけられるようにするために、タイトルに"World Party Information"と書いてください。
・ツリー全体表示

【28】 世界連邦運動協会 総会 5月27日(火)
 鈴木  - 2008/4/4(金) 16:15 -

引用なし
パスワード
     前略

世界連邦運動協会
http://www.wfmjapan.org/
2008年度定例総会

2008年5月27日(火)午前10時から午後4時
学士会館(東京都千代田区神田錦町3-28)
http://www.gakushikaikan.co.jp/
その後に懇親会があります。

午後から私も参加します。懇親会は、出られるかどうかわかりません。

                                                            草々
                                                          鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
メール: wg!w-g.jp

注意: スパムメールを防ぐために、メールアドレスの「 @ 」の変わりに「 ! 」を入れてあります。たとえば、 abc!w-g.jp の正しいアドレスは、 abc@w-g.jp です。
・ツリー全体表示

【27】 世界連邦探究世界大会、6月25日−29日
 鈴木  - 2008/3/6(木) 13:47 -

引用なし
パスワード
     世界政府研究所と世界党のメンバーの金子利喜男氏が

「世界連邦探究世界大会」
http://www.wocit.org/W-J-Conference1-080112.html

を2008年6月25日(水)− 6月29日(日)に
北海道で開催します。詳しくは、金子氏にお問い合わせください。


                                                            草々
                                                          鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
メール: wg!w-g.jp

注意: スパムメールを防ぐために、メールアドレスの「 @ 」の変わりに「 ! 」を入れてあります。たとえば、 abc!w-g.jp の正しいアドレスは、 abc@w-g.jp です。
・ツリー全体表示

【26】 活動の年報
 鈴木俊雄  - 2008/1/8(火) 13:52 -

引用なし
パスワード
                     世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
                                      年報
                                      2008

  前略

  これは世界政府研究所、世界党、および世界市民ネットワークの年報です。このレポートは、メンバーと世界政府研究所のメーリングリストにEメールで送られます。メールアドレスのないメンバーには航空便で送られます。手紙が送り返されてきた時は、メンバーリストから削除されます。メンバーリストには、メンバーのサイトへの無効のリンクがありますが、一定期間の後に削除されます。

  2007年、以下の支部が開設されました。

  世界政府研究所

2月10日:世界政府研究所パレスチナ(World Government Institute Palestine)設立。
6月15日:世界政府研究所スエーデン(World Government Institute Sweden)設立。
7月23日:世界政府研究所イラン(World Government Institute Iran)設立。
9月6日:世界政府研究所アンゴラ(World Government Institute Angola)設立。
10月22日:世界政府研究所ガーナ(World Government Institute Ghana)設立。
12月6日:世界政府研究所ドイツ(World Government Institute Germany)設立。

  世界党

2月10日:世界党パレスチナ(World Party Palestine)設立。
6月15日:世界党スエーデン(World Party Sweden)設立。
7月23日:世界党イラン(World Party Iran)設立。
9月6日:世界党アンゴラ(World Party Angola)設立。
10月22日:世界党ガーナ(World Party Ghana)設立。
12月6日:世界党ドイツ(World Party Germany)設立。

  および世界市民ネットワーク

2月10日:世界党パレスチナ(World Party Palestine)加入。
6月15日:世界党スエーデン(World Party Sweden)加入。
7月23日:世界党イラン(World Party Iran)加入。
9月6日:世界党アンゴラ(World Party Angola)加入。
10月22日:世界党ガーナ(World Party Ghana)加入。
12月6日:世界党ドイツ(World Party Germany)加入。

  2006年12月31日の時点で、世界政府研究所は支部43、世界党は支部42、世界市民ネットワークは52団体および個人1です。

  世界政府研究所と世界党への寄付をいただきました。

「研 究 所 の 財 政」
http://www.w-g.jp/wgi/japan/finance-wgij-j.htm

をご覧ください。寄付の金額は1,000円ですが、人々の支持です。世界政府研究所と世界党の予算は約2万9,000円です。寄付は使わずに、選挙のために貯蓄しておきます。世界党の原則を忘れないように心がけています。

1.    世界全体の利益あるいは社会全体の利益が最優先である。我々または党の利益はその後に来る。世界がよくなれば、我々の国が良くなる。国が良くなれば、自分の生活が良くなる。

2.    世界党の政策に関して、虚偽はあってはならない。

3.    世界党には、腐敗があってはならない。金銭に関しては、厳格でなければならない。

  私の状況は、世界政府運動を唱道する本を英語で書いています。この本は、世界党の土台となるものです。2007年の12月に一応書き終えましたが、まだ誤りがあったので、もう一度見直すことにしました。2月末までには終わる予定で、そのあと出版社に持ってゆくつもりです。現在の活動の中心は、本を書くことです。本が出版されれば、これまでとは違った進展があるかもしれません。

                                                        草々
                                                      鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
メール: wg!w-g.jp

注意: スパムメールを防ぐために、メールアドレスの「 @ 」の変わりに「 ! 」を入れてあります。たとえば、 abc!w-g.jp の正しいアドレスは、 abc@w-g.jp です。
・ツリー全体表示

【25】 世界連邦運動協会 2007年度総会
 鈴木  - 2007/5/1(火) 21:59 -

引用なし
パスワード
     前略

  世界連邦運動協会
http://homepage3.nifty.com/wfmj/
2007年度定例総会

2007年5月30日(水)午前10時から午後4時
学士会館(東京都千代田区神田錦町3-28)
http://www.gakushikaikan.co.jp/

午後から私も参加します。

                                                            草々
                                                          鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
メール: wg!w-g.jp

注意: スパムメールを防ぐために、メールアドレスの「 @ 」の変わりに「 ! 」を入れてあります。たとえば、 abc!w-g.jp の正しいアドレスは、 abc@w-g.jp です。
・ツリー全体表示

【24】 活動の年報
 鈴木俊雄  - 2007/1/12(金) 13:59 -

引用なし
パスワード
       世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
                    年報  2007
 
  前略

  2006年、以下の支部が開設されメンバーが加入しました。

  世界政府研究所
4月17日:世界政府研究所ベルギー(World Government Institute Belgium)設立。
9月25日:世界政府研究所ニュージーランド(World Government Institute New Zealand)閉鎖。
12月11日:世界政府研究所タヒチ(World Government Institute Tahiti)設立。
現在、支部は37。

  世界党
4月17日:世界党ベルギー(World Party Belgium)設立。
9月25日:世界党ニュージーランド(World Party New Zealand)閉鎖。
12月11日:世界党タヒチ(World Party Tahiti)設立。
現在、支部は36。

  および世界市民ネットワーク
4月17日:世界党ベルギー(World Party Belgium)加入。
9月25日:世界党ニュージーランド(World Party New Zealand)脱退。
12月11日:世界党タヒチ(World Party Tahiti)加入。
現在、メンバーはメンバーは団体46、個人1。

  2006年12月31日の時点で、世界政府研究所は支部37、世界党は支部36、世界市民ネットワークは46団体および個人1です。

  世界政府研究所の機関誌『世界政府への声−2006』の英語版"Voice for World Government - 2006"出版しました。
"VOICE FOR WORLD GOVERNMENT"
http://www.w-g.jp/wgi/library/voice-for-world-government/voice.htm
をご覧ください。日本語版は準備中です。

  世界政府研究所と世界党への寄付をいただきました。

「研 究 所 の 財 政」
http://www.w-g.jp/wgi/japan/finance-wgij-j.htm
「党 の 財 政」
http://www.w-g.jp/wp/japan/finance-wpj-j.htm

をご覧ください。寄付は使わずに、選挙のために貯蓄しておきます。世界党の原則を忘れないようにしましょう。

1.    世界全体の利益あるいは社会全体の利益が最優先である。我々または党の利益はその後に来る。

2.    世界党の政策に関して、虚偽はあってはならない。

3.    世界党には、腐敗があってはならない。金銭に関しては、厳格でなければならない。

  私の状況は、世界政府運動を唱道する本を英語で書いています。この本は、世界党の土台となるものです。次から次へ新しいアイディアが出てきて書きたくなります。しかし、執筆を終えて出版しなければならないので、期限を2007年の末に設定しました。それまでには、本を出版社に持ってゆく予定です。現在の活動の中心は、本を書くことです。本が出版されれば、これまでとは違った進展があるかもしれません。

                                                        草々
                                                      鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
メール: wg!w-g.jp

注意: スパムメールを防ぐために、メールアドレスの「 @ 」の変わりに「 ! 」を入れてあります。たとえば、 abc!w-g.jp の正しいアドレスは、 abc@w-g.jp です。
・ツリー全体表示

【23】 世界連邦運動協会定例総会
 鈴木  - 2006/4/23(日) 8:12 -

引用なし
パスワード
   世界連邦運動協会
http://homepage3.nifty.com/wfmj/

定例総会

5月25日(木)AM 10 - PM 4
学士会館(東京都千代田区神田錦町3-28)
http://www.gakushikaikan.co.jp/

午後からになりますが。私も参加します。
・ツリー全体表示

【22】 世界政府研究所年報
 鈴木俊雄  - 2006/1/18(水) 10:04 -

引用なし
パスワード
     前略

世界政府研究所、世界党、および
世界市民ネットワーク年報

  前略

  昨年2005年、以下の支部が開設されメンバーが加入しました。

  世界政府研究所

8月20日:世界政府研究所ウガンダ(World Government Institute Uganda)設立。

  世界党

8月20日: 世界党ウガンダ(World Party Uganda)設立。

  および世界市民ネットワーク

4月16日: 世界党ケニヤ(World Party Kenya )加入。
8月20日: ウガンダ国民連合(Uganda National Union (UNU))加入。世界党ウガンダ(World Party Uganda)加入。

  2004年12月31日の時点で、世界政府研究所は支部36、世界党は支部35、世界市民ネットワークは団体45および個人2です。

  世界政府研究所の機関誌『世界政府への声−2006』を編集中です。記事の投稿を受け付けています。

  私の状況は、世界政府運動を唱道する本を英語で書いています。この本は、世界党の土台となるもので、すでに310ページ以上書きましたが、次から次へ新しいアイディアがでてきて書きたくなります。しかし、執筆を終えて出版しなければならないので、期限を2007年の末に設定しました。それまでには、本を出版社に持ってゆく予定です。


                                                        早々
                                                      鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
メール: wg!w-g.jp

注意: スパムメールを防ぐために、メールアドレスの「 @ 」の変わりに「 ! 」を入れてあります。たとえば、 abc!w-g.jp の正しいアドレスは、 abc@w-g.jp です。
・ツリー全体表示

【21】 世界連邦運動関連の書籍をふたつ紹介します...
 鈴木  - 2005/6/4(土) 9:04 -

引用なし
パスワード
     前略

世界連邦運動関連の書籍をふたつ紹介します。

  長掛芳介(おさかけよしすけ)、『国連を「世界連邦」体制へ』、近代文芸社、2005年3月第1刷発行、1,800円+税、本文206ページ。

  世界連邦運動協会、『世界連邦運動55年のあゆみ』、2004年12月発行、3,800(税込み)、本文244ページ。

  私も本を書いています。本は、英語で約280ページ、一通り書きおわり、最終的な仕上げをしています。遅くとも、2007年末までには発行する予定です。

                                                        早々

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【20】 世界連邦運動協会の定例総会
 鈴木  - 2005/5/17(火) 13:18 -

引用なし
パスワード
     前略

「世界連邦運動協会」
http://homepage3.nifty.com/wfmj/
の2005年度の定例総会が5月30日(月)、10-16時、東京神田の
「学士会館」
http://www.gakushikaikan.co.jp/
で開かれます。会員以外の方もオブザーバーとしてご出席ください。わたしは、午後から参加する予定です。

                                                        早々

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【19】 『世界政府への声-2003』、発行
 鈴木  - 2005/5/16(月) 13:39 -

引用なし
パスワード
     世界政府研究所の機関誌"Voice for World Government-2003" の日本語版『世界政府への声-2003』ができました。
「世界政府への声」
http://w-g.jp/voice/voice-j.htm
をご覧ください。

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【18】 活動の年報
 鈴木  - 2005/1/17(月) 11:49 -

引用なし
パスワード
                         世界政府研究所、世界党、および
                        世界市民ネットワーク年報

  前略

  これは、世界政府研究所、世界党、および世界市民ネットワークの年報です。
  今回は、よいニュースがあります。2005年1月に、私たちに寄付がありました。
2,000  円  世界政府研究所
2,000  円  世界党
http://www.w-g.jp/wgi/japan/finance-institute-j.htm
http://www.w-g.jp/wp/japan/finance-party-j.htm
をご覧ください。
  この資金は、選挙のために貯蓄しておきます。将来の選挙のために、私たちのメンバーが使えます。寄付された方は、匿名を希望されましたので、ここでは氏名は公表しません。寄付者の最後のメールを紹介します。

************* 以下、メール。

メールをありがとうございます。
大変申し訳ないのですが、名前の公表は辞退させて頂けるとありがたく存じます。
鈴木さんの長年の粘り強い取り組みに敬意を表します。これからも注目しております。

************* 以上、メール。

今回の場合でわかるように、人々の信頼を得れば、資金を寄付してくださり、候補者を支持してくれます。信頼を得るために必要な三原則を以下に書きます。
1. 世界全体のまたは社会全体の利益が第一で、私たちまたは党の利益はその後です。
2. 世界党の政策について嘘をつかない。
3. 世界党には腐敗があってはならない。金銭に関しては、厳格でなければならない。
  現在世界党は、候補者を立てる資金がありません。筆者は、「世界政府への声−2003」の日本語版を書いています。もう一通りは書き終えて、ミスを直しています。また、英語で世界政府の利益を示した本を書いています。250ページくらい書き、これで80%くらいです。年次報告は、インターネットの設備のない支部には、航空便で送られます。
  寄付金は、現在の段階では税務署に申告の必要はないと思われますが、今後は必要になるかもしれません。公式に、政治団体として登録したほうがよいと思われます。書類を取り寄せてみましたが、やはり代表者のほかにも会計担当者が必要です。登録の前に、ミーティングを開く必要があります。それについて、意見がありましたらお寄せください。
  宇野嘉高氏のメールを以下にのせます。

宜しければ、私の紹介文の中に、挿入して頂ければ幸いです。
http://pksp.jp/j-n-p/
http://www.freepe.com/i.cgi?u57y02j08n
宜しく、お願いしますm(__;)m

  昨年、以下の支部が開設されメンバーが加入しました。

  世界政府研究所

5月15日: 世界政府研究所メキシコ(World Government Institute Mexico)設立。
6月24日: 世界政府研究所アンドラ(World Government Institute Andorra)設立。
  世界党

5月15日: 世界党メキシコ(World Party Mexico)設立。
6月24日: 世界党アンドラ(World Party Andorra)設立
  および世界市民ネットワーク

2月8日: 世界平和のための署名募集を開始。ウェブサイト、「世界市民ネットワーク」 http://www13.ocn.ne.jp/~wcn-jp/japanese/main2_j.html 。担当、白土允之氏 、日本。
5月15日: 世界党メキシコ(World Party Mexico)加入。
6月24日: 世界党アンドラ(World Party Andorra)加入。
7月1日: 署名募集のサイト、「世界市民ネットワーク」 http://www13.ocn.ne.jp/~wcn-jp/japanese/main2_j.html は、「ピース・サイン・ネット」 http://www.peacesignnet.jp/japanese/main2_j.html に変更。本サイトは、日本のメンバーのサイトです。

  2004年12月31日の時点で、世界政府研究所は支部35、世界党は支部34、世界市民ネットワークは団体42および個人2です。

                                                        早々
                                                      鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【17】 Re:世界平和のための署名
 鈴木  - 2004/7/5(月) 23:08 -

引用なし
パスワード
     前略

署名募集のサイト、
「世界市民ネットワーク」
http://www13.ocn.ne.jp/~wcn-jp/japanese/main2_j.html
は、
「ピース・サイン・ネット」
http://www.peacesignnet.jp/japanese/main2_j.html
に変更。
本サイトは、日本のメンバーのサイトです。

                                                              草々
                                                            鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【16】 世界政府関連の書籍を紹介します。
 鈴木 E-MAIL  - 2004/6/1(火) 23:55 -

引用なし
パスワード
     前略

  世界政府についての本を紹介します。
『世界政府の展望』
http://www.waseda-up.co.jp/bhtml/03925.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4657039253/250-7634280-9201834
二つとも同じ本のサイトです。
  私も、本を書いています。英語なので日本語版の予定はまだありません。機関誌、Voice foe World Government - 2003 の日本語訳も進めています。

                                                              草々
                                                            鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【15】 6月10日(木)19:00-、地球市民セミナー
 鈴木  - 2004/5/28(金) 0:19 -

引用なし
パスワード
     前略

  地球市民関連のあつまりがあるのでお知らせします。私は、残念ながら都合で参加できません。

                                                              草々
                                                            鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp

************************ 以下、お知らせ。

国際刑事裁判所問題日本ネットワーク関係各位

JNICCの活動に協力して頂いている世界連邦日本国会委員会主催のセミナーです。
ご関心のある方は塩浜修さん(ppp@ak5.mopera.ne.jp)までよろしくお願い致しま
す。

-----------------------------------------------------------

  皆様には、いつも大変お世話になっております。

  私たち世界連邦日本国会委員会は、恒久平和および環境問題を考えるため
超党派で結成された議員連盟です。本年度より新たな試みとして、世界連邦日
本国委員会所属の議員、学識経験者などが講師となり、世界連邦、国際関係、
環境、国際権法などをテーマに講演する「地球市民セミナー」を開催することと
なりました。このセミナーを通して、国家という単位では十分に解決できない上
記に列記したようなグローバルな問題を、一緒に考えてみたいと思います。

  皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。。


    日 時 :  2004年6月10日(木)午後7時00分〜午後8時30分

    場 所 :  星陵会館  4階  会議A    http://www.seiryokai.org/kaikan.html
              東京都千代田区永田町2-16-2  TEL   03(3581)5650

                地下鉄有楽町線・半蔵門線   永田町駅下車6番出口  徒歩3分
                地下鉄千代田線   国会議事堂前駅下車5番出口  徒歩5分
              駐車場がありませんので自家用車でのご来館はご遠慮ください。

    テーマ:  「日本外交を斬る!」

    講 師 :  民主党 平野貞夫参議院議員(世界連邦日本国会委員会会員)

          平野氏は元外務大臣園田直氏、元衆議院議長前尾繁三郎氏など大物政治家
          の秘書を務め、更に衆議院議員事務局委員部長を歴任、そして1992年参
          議院議員となってから後は「剛腕」小沢一郎氏の側近中の側近として活躍
          し、政界の裏を知りつくせる立場にあった。

          特に最近の著書「昭和天皇の極秘指令」(講談社)では、核拡散防止条
          約の背景に昭和天皇から前尾繁三郎議長へ強い意志があったこと、その
          ためロッキード事件で混乱する国会であったにもかかわらず条約が批准さ
          れたという生々しいエピソードが盛り込まれている。

    参加費 :  無  料

    主 催  :  世界連邦日本国会委員会


    参加希望の方は、必ず下記の番号までご連絡願います。

      事務局  電    話    03-3581-3111(内線2287)  F A X  03-3581-2657
                  メ ー ル    ppp@ak5.mopera.ne.jp
        また、携帯電話    090-3815-7663(塩浜)も遠慮なく御利用ください。


---------------------------------------------------------------------


国際刑事裁判所問題日本ネットワーク
c/o 世界連邦運動協会 
〒160-0004  東京都新宿区四谷4−23
担当  栗橋  孝
TEL:03-3353-4341
FAX:03-3353-9300
E-MAIL:KYW07636@nifty.ne.jp
HOMEPAGE: http://member.nifty.ne.jp/uwfj/icc/index.htm
・ツリー全体表示

【14】 5月21日(金)、世界連邦運動協会の総会
 鈴木俊雄 E-MAIL  - 2004/3/30(火) 23:25 -

引用なし
パスワード
     前略

「世界連邦運動協会」
http://member.nifty.ne.jp/uwfj/
では、5月21日(金)午前10時から東京神田の学士会館にて総会を開きます。非会員の方もオブザーバーとして参加できますので、一度ご参加ください。なお、学士会館への交通は
「社団法人学士会」
http://www.gakushikai.or.jp/
をご覧ください。

                                                              草々
                                                            鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【13】 Re:世界平和のための署名
 鈴木 E-MAIL  - 2004/2/14(土) 10:31 -

引用なし
パスワード
     前略

  2004年2月8日から世界市民ネットワークでは、世界平和のための署名収集を開始しました。担当は、白土允之氏です。サイトは、
「世界市民ネットワーク」
http://www13.ocn.ne.jp/~wcn-jp/japanese/main2_j.html
です。訪問して署名をお送りください。白土氏は、個人的に署名の収集を続けていましたが、このたびネットワークの一部として収集を開始しました。

                                                        早々
                                                      鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【12】 2003年の私たちの活動の報告
 鈴木  - 2004/1/19(月) 19:03 -

引用なし
パスワード
             世界政府研究所、世界党、および世界市民ネットワーク年報

  前略

  これは、世界政府研究所、世界党、および世界市民ネットワークの年報です。
  昨年、以下の支部が開設または閉鎖されました。

  世界政府研究所

1月10日: 世界政府研究所ナイジェリア(World Government Institute Nigeria)設立。
3月31日: 世界政府研究所スリランカ(World Government Institute Sri Lanka)設立。
4月5日: 世界政府研究所イタリヤ(World Government Institute Italy)設立。
4月6日: 世界政府研究所ルーマニア(World Government Institute Romania)設立。
9月17日: 世界政府研究所ニュージーランド(World Government Institute New Zealand)設立。

  世界党

1月10日: 世界党ナイジェリア(World Party Nigeria)設立。
3月31日: 世界党スリランカ(World Party Sri Lanka)設立。
4月5日: 世界党イタリヤ(World Party Italy)設立。
4月6日: 世界党ルーマニア(World Party Romania)設立。
9月17日: 世界党ニュージーランド(World Party New Zealand)設立。

  および世界市民ネットワーク

1月10日: 世界党ナイジェリア(World Party Nigeria)加入。
3月29日: 釈迦の光万国福祉教会(Buddha's Light Universal Welfare Society)(バングラデシュ)加入。
3月31日:自然健康センター(Natural Health Centre)(インド)脱退。
3月31日: 世界党スリランカ(World Party Sri Lanka)加入。
4月5日: 世界党イタリヤ(World Party Italy)加入。
4月6日: 世界党ルーマニア(World Party Romania)加入。
9月17日: 世界党ニュージーランド(World Party New Zealand)加入。

  2003年12月31日の時点で、世界政府研究所は支部33、世界党33、世界市民ネットワーク40です。
  機関誌

「世界政府への声」
http://www.w-g.jp/voice/voice-j.htm

が発行されました。現在、世界党には選挙に候補者を立てる資金がありません。世界政府の利益を証明する本を書いていますが、何年かかかると思います。インターネットの
設備のない支部には航空便で年報を送ります。

                                                        早々
                                                      鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【11】 アフリカよりPart2
 kuremona WEB  - 2003/10/26(日) 14:03 -

引用なし
パスワード
   ここ2,3日でまたアフリカからメールが4.、5通来ました。ナイジェリア、ガーナ、サハラ、アンゴラなどからです。みんな、身内で国のリーダーだった人が殺されて困っている、金をやるからなんとかしてほしいというものです。国のリーダーになる人はみんな金持ちが多く、従ってリーダーを殺して自分がリーダーになりたい人が多くいるようです。鈴木さんのおっしゃるようにそれがサギ師だとしたら、人間というものは何という悲しい動物なのでしょう。よく「浜の真砂はつきるとも世に盗人の種はつきまじ」といいます。他人を騙しても金儲けをしたい人があとを絶たないものだと思います。世界がどういう社会形態になろうと、それを逆手にとって金儲けをしようという人がいます。
現代は物質文明と言われています。金や物が有れば裕福な生活ができます。汗水垂らして働くことはありません。物質文明から精神文明にならなければ世界は良くなりません。物質文明が行詰まってどうにもならないところに来ています。人類がその生き方を改めなければいずれ人類滅亡の時が来てしまいます。それに気付く人が多く出ることを望みます。
・ツリー全体表示

【10】 Re:アフリカより
 鈴木  - 2003/10/12(日) 21:08 -

引用なし
パスワード
   ▼kuremonaさん:

>
>私の拙い英語力でざっと目を通したところ、1.、2.は政治権力をもった人が内戦で身内が殺され困っているのでなんとか助けて欲しいというもの、3.は金をやるので一緒に商売をして金儲けをしないかというものらしいのです。
>アフリカは今民族対立で内戦状態の国が多いです。何十万もの人が家を失い国を追われて近隣諸国へ逃れ難民生活を強いられております。何百万もの人が餓えに苦しんでいます。それなのに政治権力を握って裕福な生活をしている人もいるのだと驚かされます。
>私は、5、6年前からISDNでインターネットを始め、1ケ月程前からYafuoo.BBにしメールアドレスを新しくしてインターネットをしています。世界の貧困問題、環境問題、紛争問題などを検索している内に世界政府研究所のHPを見つけ、登録させてもらいました。上記のメールが来たのはその後です。私のメールアドレスがアフリカまで届いているとは思いませんでした。
>1.については返事のメールを出して、丁寧にお断りしたのですが2.、3.についてはまだです。この分だともっとメールが届きそうです。
>私は金も地位も組織もありません。毎日ほそぼそと生活している身です。私個人では対処出来る問題ではありません。世界政府研究所ではこのような問題をどう思っているのかお聞かせいただければ幸いです。
>ちなみに私は次のようなコミュニテイを立ち上げて世界平和を訴えていきたいと思っています。よろしければ目を通してみてください。


前略

  投稿をありがとうございました。本研究所に登録されている人は何人かいますが、最後に入会された方でしょうか。
  受け取ったメールは、同じようなものが私のところにも来ています。これについては、私もほかの方にメーリングリストなどで相談してみました。国際的な活動をしている人にはみな届いているようです。深入りすると、クレジットカードの番号などをきいて来るそうです。結局、これらのメールは、サギのようです。私も最初は返事を出してみたのですが、実態はわかりません。いまは、返事を出していない状態です。
  世界政府研究所や世界党の活動は、少しずつメンバーが増えているとはいえ、予算がなく選挙にはとても出られない状態です。いまは、世界政府の利益を説明する本を書いています。気長に、お付き合いください。

                                                        早々
                                                      鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【9】 「アフリカより」の追信
 kuremona WEB  - 2003/10/11(土) 13:53 -

引用なし
パスワード
   URLを記入したのですが、投稿文には記載されていません。改めて記入させていただきます。

    http://groups.msn.com/watasionshutyou/general.msnw
・ツリー全体表示

【8】 アフリカより
 kuremona WEB  - 2003/10/11(土) 11:51 -

引用なし
パスワード
   最近、アフリカから相次いで3通のメールがきました。内容を掲載させてもらうと次のようになります。
1.リベリアより
Sincere greetings to you and your family. I am writing you this letter with a sincere hope for you to be able to assist me and my family. I am Mabaza Diko, the son of the late Chief Jami Diko, a strong politician who was murdered in the present civil war in Liberia. My father was among the founding fathers of the revolutionary front.
The whole six of the founding fathers were assassinated one after the other by Mr. Charles Taylor for the allegation that they were trying to set up the present rebel group.
I have this strong belief that you are a trustworthy person to deal with hence I have decided to write this letter to you for your assistance.
My late father was among the few Liberians murdered in cold blood by the agent of the ruling government of President Charles Taylor for his alleged support and Sympathy for Liberian opposition of Mr. Charles Taylor's Government.
Before the death of my father, he took me to Togo to deposit the sum of Fifteen Million, two hundred thousand US Dollars (US$15,200,000.00) with a security and finance company, as if he knew the looming danger in Liberia.
The money was deposited in a consignment as gem or precious stone to avoid much demurrage from the Security firm. My dad initially earmarked this money partly for us to continue our schooling abroad and for the Purchase of new
machinery and chemicals for his farms and the establishment of new farms in Lesotho and Swaziland.
This problem arose when President Charles Taylor was advised to leave his office because the political situation at that time was almost at boiling point. Because of the advice that they gave him, the result was a rampant
killing and mob actions against us all. I and my Mother are currently staying in Holland (Amsterdam) as
refugees/asylum seekers have decided to transfer this money to a foreign country where we can invest it.
I am faced with the dilemma of investing this amount of money anywhere in Africa for fear of encountering the same experience in future since most countries have the same political history. Also we can be traced in Africa.
I am happy to inform you that we have finally been able to get the money into Holland. I am seeking for a foreign partner who can come up and be used as the new next beneficiary to this our money which is kept in the security company. We brought it here under diplomatic coverage through a Diplomatic security Company as a consignment containing
artefacts and family valuables.
It is registered that way to avoid much demurrage from the security company's vaults. Also, it is not allowed to carry money in this form hence we had to declare it as artefacts.
Our helper told us that the only way we can get our funds back is to get a reliable foreign person who we can use. We have arranged all the modalities and documents to do all these. I must let you know that everything is 100% risk Free, timely and the nature of your business does not necessarily matter.
We are begging you to please come quickly to our aid and help us receive this consignment from the security
company. We shall give you all the necessary documents to place you as the sole beneficiary to the consignment.
For your assistance and support, I and my mother have agreed to give you 20% of the total consignment, while 75% will be for us which we shall also invest in your Country with your advice and the remaining 5% will be mapped out for any
incidental expenses which we may incur during the transaction.
We have all the original documents that you will produce at the security company so that the consignment will be released to you on our behalf without the security company asking you questions.
Please be interested to render us the needed assistance because we are in
dying need of your help, support and endeavour to call me through my Guardian's phone number +31-620-582-669 and ask after me or reply me through my private email address as above. Remember that this is highly confidential
discussion and also the Success of this whole transaction depends on how secret it is kept.
I shall bring you into a more detailed picture of this transaction when you reply me.
Best Regards,
Mabaza Diko.
e-mail:mabazadiko2003@netscape.net
tel; 0031-620-582-669
2.ナイジェリアより
Dear Friend,
Forgive my indignition as this message comes to you.I did like to send to you the best wishes of good health and success in your pursuits particularly through my proposal as contained in this letter.
  I am Mrs. Mariam Abacha,the widow of the late Gen.Sani Abacha former Nigerian Military Head of State who died mysteriously as a result of Cardiac Arrest. Since after my husband s death my family is under restriction of movement and that not withstanding,we are being molested,policed and our Bank Account both here and abroad are being frozen by the Nigerian Civilian Government.Furthermore,my elder son was in detention by the Nigerian Government for more interrogation about my husband s assets and some vital documents.
Following the recent discovery of my husband s Bank Account by theNigerian  Government with Swiss Bank in which the huge sum of US$700 Million and DM450 Million was lodged.I therefore decided to contact you in confidence as a foreigner as our other family friends gave up to the government our funds with them. but I was able to move out the sum of US$14.6m Dollars,sealed in two Metal Boxes for security reasons.I therefore personally,appeal to you
seriously and religiously for your urgent assistance to move this money into your country where I believe it will be safe since I cannot leave the country due to the restriction of movement imposed on the members of my family by the Nigerian Government. You can contact me through my email address as above and I shall ask my son MUSTAPHA to come over to your country to
liaise with you towards effective completion of thistransaction. However,as soon as you indicate your interest my son shall send you the Air-Way Bill of the Luggage and other related  documents so that you can help to claim the Luggage and subsequently transfer to your personal or company s account.
Conclusively,we have agreed to offer you 20% of the total sum,why 80%  is to be held on trust by you until we can decide on a suitable business investment in your country subsequent to our free movement by the Nigerian Government. Please reply urgently and treat with absolute confidentiality I want this transaction to atmost be concluded within two weeks from now so I just need you to collect the consignment for my family so try as soon as possible to get back to me so that I can know my faith.
Best Regards,
HAJIA MARIAM ABACHA
3.ジンバブエより
Subject: .BUSINESS VENTURES AND PARTNERSHIP.

URGENT AND CONFIDENTIAL
FROM: OBOBO  STEVENS
E-MAIL: obobostevens@netscape.net
THE NETHERLANDS
Dear Sir,
SOLICITING FOR A BUSINESS VENTURE AND PARTNERSHIP
Before I proceed, I must be grateful to introduce myself. My name  is Mr. Obobo Stevens a Zimbabwean. I was formerly a personal aide  to one of the top ministers (Minister of Finance) of Robert  Mugabe's former Government. Due to my position and closeness with  the minister, I absconded with Fifteen . Five Million United  States Dollars (US$15.5M)  which was part of the money meant for  campaigning for President Robert Mugabe's re-election into office
under Zanu PF Party. Presently I have been able to move the funds diplomatically to a
Security Company in the Netherlands where I now reside as refugee.

MY REQUEST
As a result of my present situation as a refugee who cannot have  access to own an account or accounts, I am looking for a  trustworthy individual/firm to advice me in making the rightful
investment as well as to provide account(s) where the funds will  be lodge into. Moreso, we are at the interim interested in buying  properties for residence as my family will be residing there in  the near future.

COMMISSION/REMUNERATION
As regards your commission/remuneration, I and my immediate family  have decided to offer you 25% of the total sum and also set aside 5% for all your expenses (i.e telephone bills,travelling  expenses, hotel bills and other miscellaneous expenses). NOTE: I shall commit half of my own share of the total sum into a  joint venture project preferably  in the purchase of Real Estate  or other profitable business venture. Be assured that you stand no  risk of any kind as the funds in question belong to me alone. As  soon as I get your consent, I will furnish you with the details and contact of the Security Company and a face to face meeting
will be arrange in order to know each other better. I strongly believe that associating with you to embark on this and other business ventures will derive a huge success hereafter and
it will be a long lasting business association. If you have any  question, do not fail to contact me with the above telephone  number and e-mail address.
I await your anticipated co-operation.
Yours truly,
Mr. Obobo  Stevens. 


私の拙い英語力でざっと目を通したところ、1.、2.は政治権力をもった人が内戦で身内が殺され困っているのでなんとか助けて欲しいというもの、3.は金をやるので一緒に商売をして金儲けをしないかというものらしいのです。
アフリカは今民族対立で内戦状態の国が多いです。何十万もの人が家を失い国を追われて近隣諸国へ逃れ難民生活を強いられております。何百万もの人が餓えに苦しんでいます。それなのに政治権力を握って裕福な生活をしている人もいるのだと驚かされます。
私は、5、6年前からISDNでインターネットを始め、1ケ月程前からYafuoo.BBにしメールアドレスを新しくしてインターネットをしています。世界の貧困問題、環境問題、紛争問題などを検索している内に世界政府研究所のHPを見つけ、登録させてもらいました。上記のメールが来たのはその後です。私のメールアドレスがアフリカまで届いているとは思いませんでした。
1.については返事のメールを出して、丁寧にお断りしたのですが2.、3.についてはまだです。この分だともっとメールが届きそうです。
私は金も地位も組織もありません。毎日ほそぼそと生活している身です。私個人では対処出来る問題ではありません。世界政府研究所ではこのような問題をどう思っているのかお聞かせいただければ幸いです。
ちなみに私は次のようなコミュニテイを立ち上げて世界平和を訴えていきたいと思っています。よろしければ目を通してみてください。
・ツリー全体表示

【7】 8月20日(水)19:00〜21:00、日本ハーグ平...
 鈴木  - 2003/8/12(火) 16:31 -

引用なし
パスワード
   以下、メーリングリストからの転送です。

**********************************

日本ハーグ平和アピール運動関係各位

拝啓  時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
下記により、日本ハーグ平和アピール運動の定例会合を開催します。
万障お繰り合わせご出席頂きますようお願い申しあげます。

テーマ:『平和を創る私たちのロードマップ  デニス・クシニッチのこと』
      報告者  きくちゆみ  さん(グローバル・ピース・キャンペーン発起人)
      参考サイト 
        アメリカに平和の大統領を!キャンペーン  http://www.peace2001.org

日時:8月20日(水)19:00〜21:00
場所:文京区民センター3階B会議室
      東京都文京区本郷 4-15-14
    〔交通手段〕
    地下鉄丸の内線  後楽園駅から徒歩3分
    都営三田線  春日駅から徒歩0分(A2出口直上)
    JR 中央線  水道橋駅より徒歩10分


「日本ハーグ平和アピール運動」(HAP・JAPAN)
c/o 世界連邦運動協会 
〒160-0004  東京都新宿区四谷4−23
担当  栗橋  孝
TEL:03-3353-4341
FAX:03-3353-9300
E-MAIL:KYW07636@nifty.ne.jp
HOMEPAGE: http://member.nifty.ne.jp/uwfj/hap/index.htm

=================================
このメールはハーグ平和アピール1999日本連絡会の集会・例会出席者、
および問い合わせのあった方々に配信させていただいておりますメーリン
グリストです。
今後不要でしたら、大変ご面倒ながら下記メーリングリスト管理者宛へ
お知らせください。

栗橋  KYW07636@nifty.ne.jp

=================================
・ツリー全体表示

【6】 Voice for World Government - 2003 発行
 鈴木 WEB  - 2003/8/2(土) 11:49 -

引用なし
パスワード
   前略

  研究所機関誌"Voice for World Government - 2003(『世界政府への声−2003』)"が発行されました。
http://www.w-g.jp/voice/voice-j.htm
をご覧ください。日本語版は、準備中です。

草々

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【5】 5月3日(土)午後6:00−9:00、松戸市市民...
 鈴木 E-MAILWEB  - 03/4/7(月) 10:55 -

引用なし
パスワード
   5月3日(土)午後6:00−9:00、松戸市市民会館にて「憲法記念日の集い」が催されます。詳しくは、
http://mtdyachu.hp.infoseek.co.jp/kenpo03.htm
をご覧ください。
・ツリー全体表示

【4】 世界平和のための署名
 鈴木 WEB  - 03/1/18(土) 15:39 -

引用なし
パスワード
   前略

  世界平和のための署名を集めているサイトがあります。

「ピースサインネット」
http://plaza5.mbn.or.jp/~peacesc/japanese/main_j.html

訪問して、署名をお願いします。サイト管理者は、世界政府研究所日本と世界党日本のメンバーです。

                                                          早々
                                                        鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【3】 2002年の活動のレポート
 鈴木 WEB  - 03/1/11(土) 11:45 -

引用なし
パスワード
   日本語のレポートは、後半にあります。

********************************************

Report on the Movement of World Government Institute, World Party, and World Citizen Network in 2002

Dear Friends,

Here, I report our movement in 2002.  First of all, brief history of World Government Institute, World Party, and World Citizen Network is as follows.

World Government Institute

2002

5 February: World Government Institute Canada was founded.
4 May: World Government Institute China was founded.
17 May: World Government Institute Turkey was founded.
18 June: World Government Institute Hungary was founded.
4 September: World Government Institute Egypt was founded.
10 October: World Government Institute Australia was founded.
18 October: World Government Institute Bangladesh was founded.
15 November: World Government Institute Ireland was founded.
5 December: World Government Institute Uganda was closed.
11 December: World Government Institute Ecuador was founded.
18 December: World Government Institute Cameroon was founded.
23 December: World Government Institute Philippines was founded.

World Party

2002

5 February: World Party Canada was founded.
4 May: World Party China was founded.
17 May: World Party Turkey was founded.
18 June: World Party Hungary was founded.
2 September: World Party China was closed.
4 September: World Party Egypt was founded.
10 October: World Party Australia was founded.
18 October: World Party Bangladesh was founded.
15 November: World Party Ireland was founded.
5 December: World Party Uganda was closed.
11 December: World Party Ecuador was founded.
18 December: World Party Cameroon was founded.
23 December: World Party Philippines was founded.

World Citizen Network

2002

5 February: World Party Canada joined.
24 April: World Asian Workers Organization (Pakistan) joined.
4 May: World Party China joined.
17 May: World Party Turkey joined.
18 May: Starlife Global & Cosmic Services (Sweden) withdrew the World Citizen Party Network and the World Citizen Party Network was renamed as World Citizen Network.
14 June: World Party India joined. World Party Russia joined.
18 June: World Party Hungary joined.
21 June: World Party Tanzania joined.
2 September: World Party China withdrew.
2 September: World Government Institute China joined.
4 September: World Party Egypt joined.
10 October: World Party Australia joined.
18 October: World Party Bangladesh joined.
15 November: World Party Ireland joined.
5 December: World Party Uganda withdrew.
8 December: World Party Lithuania joined.
11 December: World Party Ecuador joined.
23 December: World Party Philippines joined.

These histories are written in the following pages.

http://www.w-g.jp/wgi/wgi-member.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-member.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-member.htm
http://www.w-g.jp/wgi/wgi-history.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-history.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-history.htm

At the point of 31 December 2002, branches of World Government Institute were 28, World Party 27, and members of World Citizen Network were 35 organizations and 1 individual.  Branches and members are increasing gradually.  Needless to say, some people had joined existing branches.  But still they are too less to expect donation from people.  When new member joined us, it is informed by a mail.  The mail of introduction is copied here.  Readers will know our present situation from the mail

############## The following is a copy of mail of introduction.

New member has joined us.  His name is Mr. ******, ****  . His application is as follows.

********************************* The below is application.

Name                                          = ******
Sex                                            =
Age                                            =
Address                                        =
E-Mail                                        =
Occupation                                    =
Join the World Government Institute          =
Join the World Party                          =
Your organization joins the Network          =
Comment                                      =

********************************* The above is application.

Welcome to our group.  Following pages have been revised.

http://www.w-g.jp/wgi/wgi-member.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-member.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-member.htm
http://www.w-g.jp/wgi/wgi-history.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-history.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-history.htm

If there is misunderstanding between us, please do not hesitate to object.  If applicant wants, address is not published.  But when new branch is founded, the address must be published.

Now we are a private group.  In the legally registered political party, we need the party statute.  There is a page for party statute.
World Party Statute  http://www.w-g.jp/wp/statute.htm
Every member can propose idea.  It will be published on the site.  From ideas of members, a provisional statute is made and it will be published.  It will be reviewed and revised by members and approach the official statute.  The official party statute is recognized and the president is elected at the World Party Convention.

Present strategy is to unite and get the confidence of people.  If people trust us, some people may donate fund for election.  Another strategy is to write books that verify the benefits of World Government.

At present, our web site [ http://www.w-g.jp/ ] is administered by me because I am paying the necessary cost.  But in the future, if our party becomes a formal party and we get enough funds to maintain the web site and necessary activity, I donate the ownership of web site.  The owner can be a legal person but the owner must reside in Japan.

Like this our group will grow and finally become a formal party.  This is my present view.  In the history of world, the League of Nations started with about 40 countries, United Nations started about 50 countries, and ICC (International Criminal Court) needed 60 countries at the minimum to start.  So if our branches reach 50 or 60 countries, something may change.  Now our branches are too few.  After our branches reached 60, we should take new actions.  For example, we can send mail for fundraising to many organizations and people.  Anyway, first of all, we must get the confidence of people strong enough to win at election.

For more detail of ICC, please see
Coalition for the International Criminal Court  http://www.igc.org/icc/

Mr. Yoshiyuki Shiratsuchi, Japan has a web site collecting signature for world peace.
Peace Sign Net  http://plaza5.mbn.or.jp/~peacesc/
Please visit and give signature.

############## The above is a copy of mail of introduction.

We can know our situation from the above.  Our idea is not the only idea possible.  We should understand other ideas also, and if we find a better idea, we should join them.

Now, our journal Voice for World Government - 2003 is being prepared.  Member can contribute article or write one chapter of journal.  The contribution will be published in the new edition or in the later edition.  At present, article of Mr. Nigel Harris (United Kingdom, proposal for World Parliament), Mr. Shiratsuchi Yoshiyuki (Japan, Peace Sign), Dr. Mohammad Amin (Pakistan, A draft of the World Party Statute), Mr. Zeng Zuqing (China, A Draft of the World Party Statute), and author (Japan, A draft of the World Party Statute) are to be published.

Author wrote a forecast for 2020.  It is published in

World Party Forum  http://www.w-g.jp/bbs/c-board.cgi?cmd=one;no=5;id=wp

                                                  Yours sincerely
                                                  Toshio Suzuki

World Government Institute, World Party, & World Citizen Network
Institute, Party, and Network to establish the World Government
http://www.w-g.jp/
mailto:wg@w-g.jp


The below is the information in Japanese. (以下は、日本語のお知らせです。)

2002年における世界政府研究所、世界党、そして世界市民ネットワークの動向のレポート

  前略

  ここに、2002年の私たちの動向を報告します。まず、世界政府研究所、世界党、そして世界市民ネットワークの簡単な歴史は以下のとおりです。

  世界政府研究所

2002

2月5日: 世界政府研究所カナダ(World Government Institute Canada)設立。
5月4日: 世界政府研究所中国(World Government Institute China)設立。
5月17日: 世界政府研究所トルコ(World Government Institute Turkey)設立。
6月18日: 世界政府研究所ハンガリー(World Government Institute Hungary)設立。
9月4日: 世界政府研究所エジプト(World Government Institute Egypt)設立。
10月10日: 世界政府研究所オーストラリア(World Government Institute Australia)設立。
10月18日: 世界政府研究所バングラデシュ(World Government Institute Bangladesh)設立。
11月15日: 世界政府研究所アイルランド(World Government Institute Ireland)設立。
12月5日: 世界政府研究所ウガンダ(World Party Uganda)閉鎖。
12月11日:世界政府研究所エクアドル(World Government Institute Ecuador)設立。
12月18日:世界政府研究所カメルーン(World Government Institute Cameroon )設立。
12月23日:世界政府研究所フィリピン(World Government Institute Philippines)設立。

世界党

2002

2月5日: 世界党カナダ(World Party Canada)設立。
5月4日: 世界党中国(World Party China)設立。
5月17日: 世界党トルコ(World Party Turkey)設立。
6月18日: 世界党ハンガリー(World Party Hungary)設立。
9月2日: 世界党中国(World Party China)閉鎖。
9月4日: 世界党エジプト(World Party Egypt)設立。
10月10日: 世界党オーストラリア(World Party Australia)設立。
10月18日: 世界党バングラデシュ(World Party Bangladesh)設立。
11月15日: 世界党アイルランド(World Party Ireland)設立。
12月5日: 世界党ウガンダ(World Party Uganda)閉鎖。
12月11日:世界党エクアドル(World Party Ecuador)設立。
12月18日:世界党カメルーン(World Party Cameroon)設立。
12月23日:世界党フィリピン(World Party Philippines)設立。

世界市民ネットワーク

2002

2月5日: 世界党カナダ(World Party Canada)加入。
4月24日: 世界アジア労働者団体(World Asian Workers Organization)加入。
5月4日: 世界党中国(World Party China)加入。
5月17日: 世界党トルコ(World Party Turkey)加入。
5月18日: スターライフ・グローバル・コスミック・サービス(Starlife Global & Cosmic Services)(スエーデン)、世界市民党ネットワークを脱退。世界市民党ネットワーク、世界市民ネットワークと改名。
6月14日: 世界党インド加入(World Party India)。世界党ロシア加入(World Party Russia)。
6月18日: 世界党ハンガリー(World Party Hungary)加入。
6月21日: 世界党タンザニア(World Party Tanzania)加入。
9月2日: 世界党中国(World Party China)脱退。
9月2日: 世界政府研究所中国(World Government Institute China )加入。
9月4日: 世界党エジプト(World Party Egypt)加入。
10月10日: 世界党オーストラリア(World Party Australia)加入。
10月18日: 世界党バングラデシュ(World Party Bangladesh)加入。
11月15日: 世界党アイルランド(World Party Ireland)加入。
12月5日: 世界党ウガンダ(World Party Uganda)脱退。
12月8日: 世界党リトアニア(World Party Lithuania)加入。
12月11日:世界党エクアドル(World Party Ecuador)加入。
12月18日:世界党カメルーン(World Party Cameroon)加入。
12月23日:世界党フィリピン(World Party Philippines)加入。

これらの歴史は、以下のページに書かれています。

http://www.w-g.jp/wgi/wgi-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wgi/wgi-history-j.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-history-j.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-history-j.htm

  2002年12月31日の時点で、世界政府研究所の支部は28、世界党は27、そして世界市民ネットワークのメンバーは団体 35 と個人 1 人です。支部とメンバーは徐々に増加しています。言うまでもなく、既存の支部にも何人かの人が加わりました。しかし、依然として人々から寄付を期待するには少なすぎます。新しいメンバーが加入した時は、メールでお知らせします。そのメールをここにコピーします。メールから私たちの状況を知ることができます。

############## 以下は、紹介のメールです。

  新しいメンバーが加わりました。以下のページを更新しました。

http://www.w-g.jp/wgi/wgi-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-member-j.htm
http://www.w-g.jp/wgi/wgi-history-j.htm
http://www.w-g.jp/wp/wp-history-j.htm
http://www.w-g.jp/wcn/wcn-history-j.htm

  誤解がありましたら、遠慮なく申し出てください。住所は、申請者が希望すれば公表されません。ただし、新しい支部を設立する時は公表されなければなりません。
現在、私たちは個人的なグループです。法的に登録された政党では、党規約が必要です。党規約のページがあります。
「世界党規約」 http://www.w-g.jp/wp/statute-j.htm
すべての会員がアイディアを提案でき、アイディアは発表されます。会員のアイディアから暫定規約が作成され発表されます。それは、会員に批評され改定され公式の規約に近づきます。世界党大会で、党規約は認定され、党首が選任されます。
  現在の戦略は二つあり、一つは団結して人々の信頼を得ることです。信頼されれば選挙の費用を寄付してくれる人もいるかも知れません。もう一つは、世界政府の利益を証明した本を書くことです。
  現在、私たちのサイトは、「 http://www.w-g.jp/ 」ですが、私が必要な費用を払っているので、私が管理しています。しかし将来は、党が公式の政党になりサイトと必要な活動を維持できる資金を得れば、サイトの所有権を寄付します。所有者は法人でもかまいませんが、日本に在住していなければなりません。
このように、私たちの組織は成長し正式な党になるでしょう。これが、現在の私の展望です。世界の歴史では、国際連盟は約40カ国でスタートし、国際連合は約50カ国でスタートし、ICC(国際刑事裁判所)はスタートするのに最低60カ国が必要でした。私たちの支部が50か60カ国になれば、状況が変わるかもしれません。現在の支部数は少なすぎます。支部が60に達したら、新しい行動が必要です。例えば、資金調達のための手紙をいろいろな団体や人々に送れます。いずれにしても、選挙で勝てるだけの信頼を得なければなりません。
ICCについては、
「世界連邦運動協会」 http://member.nifty.ne.jp/uwfj/

"Coalition for the International Criminal Court"  http://www.igc.org/icc/
をご覧ください。
  メンバーの白土氏がホームページで世界平和のための署名運動をしています。
「ピースサインネット」  http://plaza5.mbn.or.jp/~peacesc/japanese/main_j.html
訪問して、署名をお願いします。
  詳しくは、英語のお知らせをご覧ください。

############## 以上は、紹介のメールです。

  以上から、私たちの状況がわかります。私たちのアイディアは唯一可能なアイディアではありません。ほかのアイディアも理解しなければなりませんし、よりよいアイディアを見つけたらそれに加わるべきです。
  現在、私たちの雑誌『世界政府への声−2003』を準備中です。メンバーは、記事の投稿あるいは雑誌の1章を書くことができます。投稿は、新版かその次の版で発表されます。現在、Nigel Harris氏(イギリス、世界議会の提案)、白土允之氏(日本、平和署名)、 Mohammad Amin 博士(パキスタン、世界党規約草案)、Zeng Zuqing氏(中国、世界党規約草案)、および筆者(日本、世界党規約草案)が発表される予定です。

  筆者は、2020年の予測を書きました。それは、

世界党フォーラム  http://www.w-g.jp/bbs-j/c-board.cgi?cmd=one;no=5;id=wpj

に発表されています。

                                                          早々
                                                        鈴木俊雄

世界政府研究所、世界党、世界市民ネットワーク
世界政府を樹立するための研究所、政党、ネットワーク
http://www.w-g.jp/index-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【2】 世界政府研究所のニセモノ
 Toshio Suzuki WEB  - 02/11/9(土) 12:41 -

引用なし
パスワード
     「世界政府研究所(World Government Institute)」のニセモノがあります。それは、

"World Government Institute, World Law, World Citizenship"
http://www.worldgovinst.org/

です。
  このサイトは、ゲーリー・デービス氏(Mr. Garry Davis)により運営されています。私が、私のサイト「世界政府研究所」を1997年5月に公開した時、デービス氏は以下のE-メールをくれました。

**************************************
Thu, 1 May 1997
Wrom: TQNQEMSFDULHPQQWOYIYZUNNYCG
Subject: New Site
To: toshio-suzuki@jsn.justnet.or.jp

Thank you for your information.
And congratulations on your initiative. I will certainly check out your site and get back to you with my comment.
Best regards, Garry Davis
**************************************

このメールは、

"E-MAILS"
http://www.w-g.jp/wgi/library/articles-&-mails/e-mail.htm

で公開されています。このようにして、あのときデービス氏は私のサイトを知り、後に真似をしました。 
  1999年5月にオランダのハーグで「ハーグ平和アピール」が開催されましたが、デービス氏はそこで世界政府研究所(World Government Institute)のブース(出店)と二つの世界政府研究所の分科会を開きました。そして現在、上のサイトを運営しています。会議場で、彼に「私のアイディアまねしましたね。それはよくありません。」と言うと、彼は「私はこの仕事を50年もやっている。版権をとったか。」と言いました。ほかに、「世界連邦研究所」とか「世界市民研究所」とか良い名前がたくさんあります。まねをする必要はありません。
  デービス氏は、おかしな行動をして数回刑務所に入りました。このような訳で、彼の性格を知り失望しました。デービス氏は、精神的な病人です。将来、トラブルが起きなければ良いがと思っています。こんなことは書きたくありません。しかし、将来のトラブルを防ぐために書かなければなりません。

世  界  政  府  研  究  所
世界政府を樹立するための研究所
http://www.w-g.jp/wgi/wgi-j.htm
mailto:wg!w-g.jp
・ツリー全体表示

【1】 新しい掲示板
 管理者 WEB  - 02/11/8(金) 14:56 -

引用なし
パスワード
     この掲示板は、新しい掲示板です。古い掲示板も機能しており、当ページの下部にリンクがありますが、新しい書き込みはこちらの新しい掲示板にお願いします。

                                    鈴木俊雄
                                    管理者
・ツリー全体表示

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ ホーム  
1 / 1 page
ページ:  ┃  記事番号:
7329
(SS)C-BOARD v3.3.10 is Free.
旧 BBS: フォーラム
旧 BBS: 世界政府研究所フォーラム
旧 BBS: 世界政府研究所フォーラム (2)